前へ
次へ

不動産登記の手続きは難しいです

おじの土地を買い、一戸建てを建築したことを不動産登記しました。
初めてで最後の手続きですが、建

more

不動産登記で所有者であることを証明する

土地や建物などの不動産は大切な財産ですが、不動産登記を済ませておかないと将来トラブルになる可能性があ

more

不動産登記の相続登記は自分自身で行える

不動産登記には色々な種類があります。
特に不動産売買によって手続きが必要な不動産登記は司法書士

more

不動産登記の書類不備を防ぐ方法

事務手続きを進めますと、予想以上に時間がかかってしまうことがあります。
3ヶ月程度で完了すると思っていたものの、実際には5ヶ月や6ヶ月など長引いてしまう事もありますから、注意が必要です。
不動産登記も、たまに手続きが長引いてしまう事があります。
不動産登記の手続きを進めていきますと、書類提出もあります。
時には、公的機関に対して書類を提出する事もありますが、それには正確性が求められます。
書類を確認しても、書き方があります。
決まった書き方で記入しない事には、再提出になってしまう可能性がありますから、注意が必要です。
5ヶ月や6ヶ月ぐらい時間がかかってしまう理由も、そこにあります。
書類の一部に不備がありますと、再提出などで二度手間になってしまい、予想以上に時間がかかってしまう訳です。
登記の手続きは、なるべくスムーズに済ませたいでしょう。

東京 リノベーション

新しい住まいを持つためのお手伝い

貸し工場 大阪
西大阪スペースは大阪の1日から使える貸工場、貸倉庫をご案内しています。

どうすれば二度手間を防げるかというと、やはり窓口に提出する時の声かけがポイントになります。
窓口に事務的に書類を提出するのではなく、担当者に確認してもらう方が良いでしょう。
幸いにも窓口の担当者に声をかければ、書類の内容を確認してもらう事もできます。
何らかの不備があれば、その場で指摘してもらう事もできます。
指摘してもらえば、書類のミスも防ぎやすくなるでしょう。
できる限りスムーズに手続きを進める為にも、まずは担当者に書類を確認してもらう方が無難です。
ところで登記の手続きは、専門家に相談する事もできます。
いわゆる士業の方々に相談すれば、手続きをサポートしてもらう事もできる訳です。
その方法が、実は一番無難です。
専門家の方々は、登記に関する専門知識があります。
多くの方々の手続きをサポートした経験があるので、要点も知っています。
その専門家に相談しながら手続きを進めれば、書類の不備で二度手間になってしまうのを防ぐこともできます。
ただし専門家に依頼する時には、費用はかかります。
しかし二度手間になるのを防げるメリットは大きいので、専門家に依頼している方も少なくありません。

Page Top